最新作での活躍

これまた物凄いトラブルに巻き込まれた

トランスポーター2が全米で初登場1位を記録し、さらに日本においても高い評価を受けたこともあってその後の続編制作も滞り無く決定する。この作品はかつて足を洗おうとしたフランクはすっかり、初期作と同じようにプロの運び屋として危険な仕事をこなしながら日々を過ごしていた。しかし荒事が関係する仕事については極力引き受けないようにする姿勢を持つようになったという印象も見受けられる。

そのため、本来なら自身へと依頼された仕事も別の運び屋仲間へと流して引き受けさせている。流石に特殊部隊に在籍し、さらにはこれまで数多くの修羅場を経験してきたこともあって危機回避という能力は非常に優れていた。しかしそれはフランクの意図した展開以上の事態を呼びこむこととなり、さらに依頼を強制的に引き受けなければならない状況に追い込まれてしまうのだった。というように、危ないことにはもう足を突っ込まないと決めながらも、その天才的な運転技術などを見込まれて荒事へと引っ張り込まれてしまう。ある意味では巻き込まれ型ともいえる体質なのかもしれないが、劇中におけるフランクは自分がいかに危機的な状況に陥ろうとも、なんとかして逃げ出す算段も考えているため流石といったところだ。

絶対的に自分が不利な状況に陥りながらも、自分の信念を決して負けない男気に惹かれる人も多いだろう。そんな待望の続編として公開された『トランスポーター3 アンリミテッド』、こちらの作品にも注目してみたい。

運び屋を目指す

強制的に引き受けざるを得なかった

本来なら依頼を持ち込まれれば引き受けていたが、今作ではフランクは依頼内容になにか不穏な気配を感じたため、一度断ってしまう。そのご自身の仲間へと依頼を譲り渡してしまうが、その後の展開では彼が断れなくなる状況が形成されてしまうパターンだ。これまでの作品では自分自身が制約を破ったことによるため、さらにテロリストたちによる暗躍によって契約をきちんと遂行する意思を持って事件へと関わっていたが、今回については引き返すことが出来ない強制的に仕事を引き受けなくてはならない上、仕事ができなければ死が待っているというデッドオアアライブだった。

そんな今作のあらすじを読み解いてみよう。

あらすじ

ある日フランクに一見の運び屋として依頼が舞い込んでくる。しかしその内容を確認すると自分がするべき仕事ではないと断り、代わりに知り合いの運び屋を紹介した。それから数日後の夜、突如として自宅へと車が突っ込むという事件が発生したため、フランクが何事かと見ると突っ込んできた車の中には自身の知り合いであり、そして仕事を紹介した運び屋が乗車している。急ぎ救急車を呼んだものの、何故か呼ばないでくれと頼まれてしまうが、通報から数分後には救急車が到着する。

搬送してもらっている最中、車に同情している女性がいることを確認して声をかけると、車から離れたら爆発すると訴えた。それは彼女が腕につけている腕輪が爆弾となっており、約20m乗用していた車から離れれば発動するタイプだった。急ぎ救急車を追うフランクだったが、その甲斐虚しく救急車は爆発・炎上してしまう。詳しく事情を訪ねようとしたが、フランクの背後から突如として襲いかかった人物によって彼は気絶してしまう。

目が覚めると見知らぬ場所におり、さらには自身の腕には爆発すると告げられた腕輪が告げられた。依頼を受理しなければ起爆させられ、依頼を遂行しながらも車から必要以上に離れてはいけない、移動し続けなければ死が待っている、そんな絶望的な仕事をフランクは請けなくてはならなかった。プロのトランスポーターとしてこれまで名を馳せてきたフランク・マーティン、彼は再び大事件へと巻き込まれてしまうのだった。

ここまで来た

シリーズ3作目となる今作では、遂に仕事を引き受けなければ死が待っているという展開になった。それも仕事を受けながらも指示通りにしていなければ爆発し、さらに逃げ出すことも敵わない状況となっている。まさに絶体絶命であり、絶望的だろう。こんなことになりたくないからと断ったはずだが、依頼人は毛頭フランク以外の運び屋には仕事を任せるつもりはなかったと見られる。ただ彼が例え引き受けても、自分たちの都合通りの状況が出来るまでは命と引き換えに遂行を強制し続けたはず。

総体的に見れば、今回のフランクは引き受けたくもない仕事をやらざる状況になってしまったということだ。これについてはもはや観客としては同情の余地しかない。前作で足を洗うと決心しながらも結局出来ず、今作においても危険な仕事を引き受けなかったと思いきや、相手の思惑にまんまと躍らされたことによって被害者という立場へと貶められてしまう。こうして俯瞰すると、悲劇のヒーローという立ち位置が似合っているかもしれない。

タクシーといえば

次作制作も決定

トランスポーター3も公開されたことで一躍大ヒット作品としての冠を見事に手に入れた。そして現在、シリーズ4作目となる新作トランスポーターの制作も行われているとのこと。次にフランクがどんなことになるのかと楽しみにしている人も多いと思う、そういった意味でも続編の内容にも期待したいところだ。


リュック・ベッソン作『トランスポーター』と『TAXiシリーズ』を語る

おすすめ洋画